インタビュー

志々島に自分の居場所を見つけた人たち

 広報みとよ平成28年9月号特集「志々島ムーブメント」で、移住された方が紹介されました。
 志々島での生活を楽しんでいる人たちが語る、島暮らしの魅力とは…?
 ぜひご覧ください!!
 


→ ページはコチラ


三豊市に住んでみて 「この小さな街で」

 議会だより(2016年8月号)で、仁尾町にIターンされた宮武さんが紹介されました!!
 → ページはコチラ


 私は、結婚を機に愛媛から仁尾町に引っ越してきて丸3年が経ちました。主人は山本町出身ですが、もと
もと仁尾町でオリーブを育てる仕事をしており、大好きなこの街に住むことに憧れていたそうです。
 そんな主人と出会って間もない頃、彼が一番好きな場所があると見せてくれたのが、七宝山トンネルを抜
けた先に広がる瀬戸内の穏やか海の景色でした。まるで湖のようなべた凪に、春の柔らかい光が反射してキ
ラキラしている様子は今まで見てきたどの海よりもロマンティックで美しく、私もこんな景色を毎日眺めな
がら暮らしてみたいなあ、もっとこの街の素敵な景色や人に出会ってみたいなあ、とこれからの生活に思いを
馳せながらわくわくしたことを今でも鮮明に覚えています。
 あれから月日は流れ、先日、私たちにも新しい家族が増えました。娘には、自分の育った小さな街に誇り
を持ち、そこから大きな夢を持ってほしいと願いを込めて“小街(こまち)”と名付けました。まだまだ可
能性を秘めているこの小さな街で、これから家族3人で新しい生活が始まります。


ターンして起業した方ご紹介します!

 広報みとよ平成27年12月号で、三豊市の起業家さんたちが特集されました。
 ターンされた筒井さん、伊藤さん、辻さんが、ご紹介されました。
 ぜひご覧ください!!


くわしくは、こちら→


空き家バンクを利用して起業しました

 空き家バンクで物件を探し、4月から三野町で、「ぐっでいリハビリ訪問看護ステーション鳥坂」をオープンした有本信彦さん(35)と田中秀和さん(34)に話を伺いました。

 「医療現場で働いていた経験を生かし、地域のために何かしたいと、訪問看護の会社を設立しました。一生病気と付き合っていかなければならないけれど病院や施設ではなく家で暮らしたい方、最期を自宅で迎えたい方など、病気を持ちながらも住み慣れた場所でいたいというニーズに応えていく仕事です。
 事業所を構えるにあたり、空き家バンクを利用しました。この場所は、南国の木々も植わり、リゾート地を思わせ、相談に来られる方も明るい気持ちになるのではと、即決しました。私たちも気に入っています。空き家バンクを利用したことがきっかけで市で開催しているみとよ創業塾や、かがわ産業支援財団が市で行っているよろず支援サテライトを知り、今参加させてもらっています。
 看護は専門でも起業は初めてのこと。講師の皆さんにアドバイスをいただける時間はとても有意義で感謝しています。


 こちらに来て、三豊の皆さんの温かさをよく感じます。訪問看護はまだ認知度が低い分野。一人ひとりに合わせたサービスに加え、周りの家族からの具体的な相談や不安に寄り添い、ここが地域の人にとって親しみの持てる場所にすることで地域を支えていけたらと思います。」


ずっと田舎暮らしを考えていたご夫妻 大阪からIターン

この冬、大阪からIターンされた上田さんご夫妻が広報で紹介されました!
ページはこちら→

「三豊市を知ったのは空き家バンクがきっかけ」と話すのは大阪から移住してきて一週間という上田崇さん、恵美さんご夫妻。
「三豊は空き家バンクのホームページがすごく充実していて、気になる空き家を実際に見に来るたびに、三豊のことも、どんどん知っていったという感じです。
 この家は探していた古民家でありながら、古すぎないので、住みながら自分でリフォームしていけることも魅力の一つでした。目指すところはヨーロピアンアンティーク!!
 ずっと田舎暮らしを考えていましたが、ここは、有効求人倍率も高いし、電車やコミュニティバスも走っていて暮らしやすいと思います。両親が関西でいるので何かあったら駆けつけられるのも安心です。気候の良いこの場所で、のんびりと暮らしていきたい」と夫の崇さんはみとよ暮らしを楽しみにしています。

 妻の恵美さんは、「足音に気を付けたり、車の騒音を気にしていた生活から一転、ここは静かで空気が澄んでいて、夫の咳も出なくなりました。のどかな海を見たり、プラネタリウムのような美しい星を見たり、朝、小鳥のさえずりを聞いたりすると、三豊に来たなぁと感じます。
 ご近所のみなさんも優しくて、声をかけてくれたり、野菜をくれたりと、私たちを受け入れてくださっているのを感じ、ありがたいです。
 シルバーアクセサリーを作っているので、家に工房を作って本格的にやりたいですね。夢は自分好みにしたお庭で作品を撮影しインターネットで販売していくこと」と話してくれました。


コンテンツ一覧

  • 三豊市地図
  • 定住サポート情報
  • 本市が展開する「各種定住促進事業」に関するアンケートの集計結果です。
  • 東京圏からの移住をサポート。
実際に住んでいる人に聞いてみました。

海・山のある三豊市でパン屋のオープンを!!

京都からIターンされた鎌内さん家族が広報みとよ(平成30年11月号)で紹介されました! 京都市で暮らしていた鎌内... インタビューの続きを読む