インタビュー

海・山のある三豊市でパン屋のオープンを!!

ファイルイメージ

広報掲載 内容

京都からIターンされた鎌内さん家族が広報みとよ(平成30年11月号)で紹介されました!




京都市で暮らしていた鎌内さん家族が移住を考え始めたのは、パン職人の仁さんが独立に向けて動き出した昨年春のことでした。

「初めは京都で探していたのですが、作りたいパンと理想の生活をイメージしたときに『何かが違う』と思い立ち、場所を変えることを決めました。家賃が高いこともネックでしたね。」
 
 香川県を候補地に選び県内各地をみて回ったといいます。「三豊市に入ってきた時、山が小さくて、空がぱあっと広がったように感じたんです。父母ヶ浜や荘内半島を巡り、海がある景色も気に入りました。子どもが楽しそうに過ごしていることも大きなポイントでした」

 自然豊かな環境に好印象を抱いた鎌内さん家族。三豊での物件探しを始めました。しかし思うような物件になかなか巡り合えない時期を経験します。「高額な修繕費が必要だったり、ペットの猫が飼えなかったり。落ち込むこともありました。でも、これは三豊市に住む覚悟を試されてるのかも?と思い直し、夫と移住への気持ちを確認し合ったんです」
 もう一度、探してみようと決めてから鎌内さんはまず店舗となる物件を見つけました。開店に向けて夫婦二人で漆喰を塗ったり、タイルを張ったりと、思い通りの店舗を作ることができました。
 そして、住まいは空き家バンクで見つけます。「毎日チェックしていたら、猫が飼える物件が出ていて即決でした!」と微笑みます。
 念願だったパン屋をオープンし、今では毎週買いに来るお客さんもいるほどです。「まだまだ不慣れなこともありますが、皆さんの力でやっていけています。人に恵まれたと心から思いますね。子どもが楽しんでいる姿を見て、三豊市に来てよかったなと、今、実感しているところです。」


三豊市地域おこし協力隊が決定!!

 三豊市地域おこし協力隊として、2018年4月から"石井 優香さん"、2018年7月から"澤井 元気さん"が着任しています。
 お二人が三豊市へ来た思いや、今後の活動内容についてが広報誌に掲載されました!


ファイルイメージ

広報掲載内容


移住を支える地域のチカラ

 広報みとよ平成29年10月号特集「移住を支える地域のチカラ」で三豊市へ移住した方が紹介されました。
 人と人とのつながりが生み出す移住のチカラとは!?ぜひご覧ください!


ファイルイメージ

広報    掲載内容


京都からIターン ペットが飼える一軒家に住みたい

昨秋、京都からIターンされた高木さんご夫妻が広報みとよ(平成29年2月号)で紹介されました!
ページはこちら→

高木誠さんと洋子さん夫妻は平成28年9月、京都府から詫間町に移住してきました。

 「移住のきっかけは、〝ペットが飼える一軒家に住みたい〞という妻の夢をかなえるためでした。空き家バンク制度を知り、インターネットで調べていくうちに、三豊市を見つけました。温暖な気候、近くに海があること、静かな場所であることなど、希望する条件のすべてを満たしていたのがこの物件でした。一階建てで充分なスペースがあり、庭もあるこの家が一目で気に入りましたね。今後の生活のことも考え、部屋の段差をなくし、明るく開放的な家になるよう天井を取り除いて、太い梁が印象的な部屋にリフォームしました。これからの生活がますます楽しみになりましたね」と誠さんは話します。
 2人は三豊に来てから、念願のペットも飼い始めました。今は新しい家族との生活を満喫中です。「愛犬のコロと過ごす時間は、とても楽しく癒されます。都会ではペットを飼うのも難しいので、この家に出会えてよかったです。最近では、散歩に行く練習も始めたんですよ」と洋子さん。移住してきたからこそ感じられた、幸せな時間を過ごしています。
 また誠さんは、ここでの日課として、散歩を始めたと言います。「家と丸山島のある鴨の越まで、約1
時間かけて歩いています。散歩しながら、自然やきれいな空気を感じていると、あっという間に時間が過ぎてしまうんですよ。また、45年間ニューヨークに住んでいたこともあり、地域の人から国際交流活動への参加を進められています。庭での家庭菜園も始めたいし、いろいろと新しいことにチャレンジしていきたいですね」
 心満たす2人のみとよ暮らしは、まだまだ始まったばかりです。


三豊市に住んでみて 「財田の生きる力」

 議会だより(2016年11月号)で、財田町にIターンされた大石さんが紹介されました!!
 → ページはコチラ


 夫と当時幼稚園年中の息子と横浜から移住して来て約3年、この春息子は新しく完成した財田小学校へ入
学、同時に「子ども会」に入りました。その子ども会行事の時です。カレーライスを作ったのですが、「大
石さんの家以外はみんなお米を作っているから残ったお米持って帰っていいよ!」と言われビックリ!その方は当たり前の様にサラっと言うのですが、自分の家で食べるお米を作る家庭がとても多い事に驚きました。他にも、イノシシや毒ヘビに遭遇した時の対処方法、上手な草刈り機の使い方や選び方など、財田の人には当たり前の一つ一つは私たち家族には初めて知る事ばかりでした。
 時々「こんな田舎によくきたね」と言われる事がありますが「こんな田舎の当たり前」は生きる力や知識
に溢れている事、それを当然だと思っている財田の人たちはカッコイイなと思います。
 そして、ここで子育てをし、息子にとって財田が故郷になる事を嬉しく思っています。


コンテンツ一覧

  • 三豊市地図
  • 定住サポート情報
  • 本市が展開する「各種定住促進事業」に関するアンケートの集計結果です。
  • 空き家バンク・リフォーム事業:家を探したい方も、空き家を登録したい方も。
実際に住んでいる人に聞いてみました。

海・山のある三豊市でパン屋のオープンを!!

京都からIターンされた鎌内さん家族が広報みとよ(平成30年11月号)で紹介されました! 京都市で暮らしていた鎌内... インタビューの続きを読む